「イエベ」「ブルべ」とは?パーソナルカラー診断で似合う色チェック

「イエベ」「ブルべ」とは?パーソナルカラー診断で似合う色チェック

メイクやファッションの特集などで最近よく目にする「イエベ」「ブルべ」というワード。これらはすでに常識のように使われていますが、あなたは意味を理解していますか?イエベとブルべの違い、そしてそれぞれの似合う色使いについてご紹介します!

パーソナルカラーを知って、色使い美人に!

最近、雑誌やSNSなどで「イエベにおすすめ」「ブルべに似合う」といった言葉をよく目にするようになったのではないでしょうか。この「イエベ」「ブルべ」という言葉は、「パーソナルカラー」から来ています。

パーソナルカラーとは、それぞれの人にしっくりくるトーンの色のことを指します。パーソナルカラーは、瞳や肌、唇や血管など生まれ持った様々な体のパーツの色味から決定されるため、生涯を通じて変化することがないのだとか。

パーソナルカラーを身につけると、色の反射の影響で肌の色が明るく見える等の効果が期待できるようです。そのほか、パーソナルカラーには次のような作用もあるのだとか。

<パーソナルカラーの効果>
・肌色を明るく見せる
・シミやシワが目立たない
・肌に透明感が出る

その反対に、自分が苦手とする色を顔のすぐ近くに持ってくると肌色がくすんで見える、疲れて見える、唇の血色が悪く見える等のデメリットが。自分のパーソナルカラーを知って上手くメイクや洋服に取り入れることで、より自分を魅力的に若々しく見せることができるんですね。

パーソナルカラーは自己診断できる?似合う色とは

大まかには、パーソナルカラーは四季に例えた4種類に分類されます。

【パーソナルカラーの分類】
・春(スプリング):イエローベース(イエベ)、ソフトタイプ
・夏(サマー):ブルーベース(ブルべ)、ソフトタイプ
・秋(オータム):イエローベース(イエベ)、ハードタイプ
・冬(ウィンター):ブルーベース(ブルべ)、ハードタイプ

「イエベ」とはイエローベースの略で、黄みがかった温かみのある色味のことを指します。「ブルべ」はブルーベースの略で、青みがかった涼しげな色味となります。そして、ソフトタイプは明るく優しいトーン、ハードタイプは深みのあるシックなトーンです。

例えば、同じピンクでも、サマーカラーのピンクとウィンターカラーのピンクは全く醸し出す雰囲気が違います。トーンや色味が異なるだけで、各シーズンに様々な色があるんですね。

パーソナルカラーのプロに診断してもらって、自分のタイプを知ることがベストではありますが、そこまではちょっと…という方のために、イエベかブルべかの大まかな自己診断方法をご紹介します。

【パーソナルカラー自己診断】
1. 手首で目立つ血管の色は… a. 緑 b. 青や赤
2. 日焼けをすると… a. 黒くなる b. 赤くなる
3. 白目の色は… a. 黄みがかっている b. 真っ白、青っぽい
4. 映えるアクセは… a.ゴールド b. シルバー

上記のうち、aが多く当てはまるという方はイエベ、bが多く当てはまるという方はブルべの可能性が高いと言えるようです。これはあくまで全体の傾向から作られた簡易的な診断なので、確実なものではないという点をご了承くださいね。

いかがでしたか?自分に似合う色の傾向を知っていると、似合うトーンの色は多めに使い、身につけたい色は小物で取り入れるなど色の利かせ方が分かってくるようになります。こうした色使いのコツを身につけて、さらに自分を魅力的に見せられるといいですね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事