乳液を正しく使って、弾むようなもっちりぷるぷる肌になる方法とは?

乳液を正しく使って、弾むようなもっちりぷるぷる肌になる方法とは?

乳液=ベタつく、というイメージで普段のスキンケアに乳液を使っていない方も少なくないはず。ですが乳液は、化粧水や美容液の美容成分や保湿成分に潤をして蒸発を防ぎ、肌を守ってくれる役目があるため、毎日のスキンケアに取り入れることをおすすめします。

乳液使ってる?もちもち肌になりたいなら乳液を

先述の通り、乳液は化粧水や美容液、シートマスクなどに含まれる美容成分や保湿成分、潤いに蓋をして水分の蒸発を防ぎ、肌を守ってくれる重要な働きがあります。

乳液を使うとベタベタして嫌、という方は、乳液の選び方や付け方次第でそのイメージが覆されるはず!もちもちの肌に近づくなら、化粧水と美容液で潤わせたあと最後に乳液を取り入れていきましょう。 

乳液の塗り方を見直して触りたくなるぷるん肌に

乳液を毎日のお手入れの最後に取り入れることでもっちり肌に近づけますが、一方でTゾーンや小鼻の脇などの皮脂分泌が多い部分に乳液をつけすぎると、乳液に含まれた油分が毛穴を詰まらせてニキビや吹き出物などができてしまう可能性があります。そのため、付けすぎには気をつけて、皮脂分泌の多い部分は控えめに馴染ませる程度にしておきましょう。

乳液がベタつくという方は、手のひらで塗るよりもコットンを使って塗るとベタつきを軽減させることができます。乳液にもサラサラとしたもの、こっくりとしたもの、などと様々なテクスチャーがあるため、ベタベタするのが嫌ならサラサラとした乳液を選び、コットンに含ませて顔全体を優しく滑らせるようにつけていくといいですね。ただ、コットンを使って乳液を塗る場合には、摩擦が起きないように乳液をたっぷりとコットンに含ませておきましょう。

また、顔のむくみや血行不良によるくすみを改善するためには、乳液をつけてからマッサージをするのも効果的。マッサージをするときには、乳液をいつもより気持ち多めに取って滑りが良くしてから行います。乳液の量が足りなかったり、激しくゴシゴシ擦るようにマッサージをすると、摩擦が起こって色素沈着の原因になるため気をつけてくださいね。マッサージをしてから肌がベタついていたら、ティッシュで優しく押さえて完了です。

乳液を毎日のスキンケアに取り入れてもっちり肌へ

乳液をつけるタイミングは、化粧水や美容液をつけて1分~2分置いておき、肌がひんやりしたのを確認してからつけていくのがベスト。化粧水と美容液だけでスキンケアを終わらせていた方、乳液にあまりいいイメージがなかった方は早速乳液を取り入れて、もちもち肌を実感してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事