美意識高め女子こそ注意!? くせ毛を悪化させる意外なNG習慣とは

美意識高め女子こそ注意!? くせ毛を悪化させる意外なNG習慣とは

まっすぐでさらさらな髪の毛は、いつの時代も女子の憧れ。くせ毛や髪のうねりに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。実は、頭皮ケアを頑張っているつもりがくせ毛を悪化させてしまうことがあるんです!そんなNG習慣についてご紹介します。

NG習慣、シャンプーのしすぎが招く!? くせ毛の悪化

くせ毛や髪のうねりの原因のひとつに、まずは、遺伝など生まれつきの要因が考えられます。強いくせ毛の遺伝子を持っている限り、生えてくる髪の毛を完全にストレートにするのは難しそうですね。

しかし、日々のヘアケアや頭皮ケアで、くせ毛や髪のうねりを最小限に抑えることは可能なのだとか。反対に、ケアの仕方によってはくせ毛をさらに悪化させてしまうこともあるということですね。

くせ毛が悪化してしまう要因の一つは、頭皮が不健康な状態に陥ってしまうこと。頭皮に異常があると、健康的な髪の毛を生み出せなくなってしまうのだとか。その中でも、頻繁に起きがちな頭皮トラブルの一つが、頭皮の乾燥です。頭皮が乾燥してしまうと、くせ毛が悪化するだけではなく白髪や髪の毛のパサつきなどの原因にもなると言われています。

ここで気を付けたいのが、普段のシャンプーの習慣です。実は、良かれと思ってシャンプーを1日2回以上行っていたり、ゴシゴシと荒く頭皮を洗っていたりすると頭皮の乾燥を招いてしまうのだとか。ヘアケアや頭皮ケアに気を遣っている人ほど、こうしたケアのしすぎによって頭皮を乾燥させ、くせ毛の悪化を招いてしまう可能性があるので注意が必要です。

くせ毛の悪化を防ぐシャンプー方法

「シャンプーのしすぎ」と言われて、思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。頭皮を乾燥させないようにするには、シャンプーの仕方を見直す必要があります。

まずは、シャンプーの頻度。シャンプーは多くても1日1回、可能であれば、外出予定のない休日の前夜などにシャンプーしないタイミングを設けてもいいでしょう。髪の毛や頭皮を清潔な状態に保つことも必要ですが、特に髪の毛は毎日洗う必要はないとも言われています。「毎日洗わないと頭皮の皮脂やにおいが気になる」という方は、シャンプーの刺激が強く、皮脂を必要以上に洗い流してしまっているのが原因ということも考えられます。

そして、頭皮の洗い方も見直してみましょう。頭皮を洗う際に、爪でガリガリと引っ掻くのはNG。頭皮を爪で引っ掻いてしまうと、頭皮に傷がつきさらなる乾燥の原因になってしまいます。指の腹や指先を使い、マッサージするように洗うのがいいでしょう。しっかり洗いたいという方には、柔らかいシリコンでできたシャンプーブラシを使うのもおすすめです。頭皮を傷つけることなくきちんと汚れを落とすことができます。

くせ毛や髪のうねりが気になる方は、口コミのいいシャンプーやヘアケア製品に注意が向きがちですが、それと併せて、シャンプーの頻度や洗い方についても見直してみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事