【長井かおり直伝】春のベースメイクは「白ピンクうさぎ肌」が可愛い!

【長井かおり直伝】春のベースメイクは「白ピンクうさぎ肌」が可愛い!

春のベースメイクで注目しているのがピンクのコントロールカラー。ピンクがしっかりと発色するものを選び、チークの代わりにあえてファンデの上から頰の広域にのばします。ピンクみが宿り、うさぎのようにほわっと可愛さがにじみ出た肌が完成!

チークゾーンを越えて、ピンクで染めちゃう!『白ピンクうさぎ肌』

■教えてくれたのは……

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
瞬間で可愛げを盛れるメイクテクが大人気。この連載では毎回、未公開の最新テクニックを発表。

白ピンクうさぎ肌のつくり方

1.ピンクの下地で頰に渦巻きを描く
リキッドファンデで肌を仕上げてからスタート。ピンクのコントロールカラーを両手の指先にとり、軽くなじませたら、頰を中心にグルグルと円を描きながらのばす。チークではないので大胆にのせて!

2.チーク以上に広げてピタピタとプレス
鏡で正面から見える頰全体、フェイスラインの手前まで、ササッと軽く指を動かしのばす。次に頰のカーブに沿わせるように手のひらを密着させて、スキンケアをなじませるようにていねいにおさえる。

3.“粉雪パウダー” をまぶし、優しくそっとおさえる
フェイスパウダーをブラシにとり、ピンク下地の上にポンポンとタッピングしながらのせ、そのほかの部分はサッとすべらせて。仕上げに肌を包み込むように丸みをつくった手でふわふわっとプレス。

ピンクニュアンスで透明感も血色もオン!

使ったのはコチラ!

(左)くすみを飛ばし、血色感をもたらすピンクの部分用下地。「肌になじみつつも、ピンク感が強いところが◎」
AQ コントロールカラー 01 SPF25/PA++20g ¥5000/コスメデコルテ

(右)スッとなじんで肌質を向上。「粉雪っぽい清らかさと透明感の演出に。ピンクみをほのかに含むから、ピンク下地とも相性がイイ」
リタッチ プレスト パウダー 01 ¥6500/SUQQU

その他の使用コスメはコチラ

(左)下まぶたのキワにはグリッターが輝くピンクをのせて肌とリンク。
ケイト ザ アイカラー 008 ¥650(編集部調べ・5/1発売)/カネボウ化粧品

(中)つややかなミントグリーンは上まぶた全体に。爽やかさを演出。
オンリーミネラル ミネラルピグメント マジック ¥1800(限定発売中)/ヤーマン

(右)きらめきを放つモーブピンクで色っぽさも。
リップグロス N 5696 ¥3100(4/19発売)/NARS JAPAN

ピンクみを帯びた肌は清らかで甘く、ズルイ。
今、色白肌がブームだけど、オススメは青白くではなく、断然、ピンク白く! ピンク下地を幅広くもやーっとのばして、ハンドプレスを繰り返すことで、肌がチークを飲み込んだかのようにほんのりと染まり、温もり感じる柔肌に。モテ度はもちろん、好感度も上がるから新しい出会いの多い季節にぴったりです。

ヘアメイク/長井かおり 撮影/嶌原佑矢(人物)、伊藤泰寛(静物) スタイリング/程野祐子 モデル/スミス楓 取材・文/楢﨑裕美 構成/河津美咲

関連キーワード

関連記事