女性に多い「魚の目」!気になる原因やセルフケア方法について

女性に多い「魚の目」!気になる原因やセルフケア方法について

ふと足裏をチェックするといつの間にかできている魚の目。気になって仕方がないから自分で取ってしまいたい…でももし悪化したら怖いし…と悩んでいる方もいることでしょう。そこで今回こちらでは魚の目ができた際の適切なセルフケア方法についてご紹介します。

魚の目の原因とは?

 

魚の目とは足裏や足の指にできる硬いしこりのことで、中心が魚の目のように丸く見えることからそのように呼ばれているんだとか。私たちの皮膚の最も表面には角質層というものがあり、摩擦や圧迫といった外部刺激を受けると防御反応を起こし分厚くなると言われています。この角質層が部分的刺激を受け続けることで更に分厚くなり、魚の目に変化していくそうです。

【魚の目の原因とは?】
<靴のサイズが合っていない>
サイズが小さい靴を履いていると指が圧迫され続け、逆にサイズが大きい靴を履いていると歩くたびに靴の中で足裏が滑ったり、その都度指が圧迫されることになるそうです。また、歩き方も不自然になるため足裏の特定の部分にだけ刺激が加わり魚の目ができやすくなります。

<毎日のようにハイヒールを履いている>
ハイヒールなどつま先が細くなっているデザインの靴は指同士が圧迫されると同時に、歩くたびに強い摩擦が起こるため魚の目の原因になる可能性が高いと言われています。

<足の冷え>
足が冷えると血行不良によって新陳代謝が悪くなり、魚の目などの皮膚トラブルを起こしやすくなると言われています。

<姿勢が悪い・歩き方に癖がある>
姿勢が悪かったり、足裏の特定の部分ばかりに圧力がかかるような歩き方をしているとその癖によって魚の目ができやすいそうです。

魚の目の適切なセルフケア方法

 

最後に魚の目のセルフケア方法についてチェックしていきましょう。

【魚の目の適切なセルフケア方法】
<サイズの合う靴に変える>
まだ小さな魚の目であれば靴のサイズを変えるだけで改善できる場合もあるそうです。シューフィッターがいるお店などで、どんな靴が自分の足に合っているか相談しながら購入することをおすすめします。また、仕事上ヒールを履かなければいけないという場合も通勤中は動きやすいシューズに履き替えるなど、できるだけヒールを履く時間を減らすよう心がけましょう。

<魚の目削り専用のヤスリを活用>
お風呂上がりなど皮膚が柔らかくなっている時に専用のヤスリでこまめにケアするのもおすすめ。ただ、無理に削ってしまうと出血したり、傷口から細菌が侵入する可能性があるので十分注意してください。

<歩き方を見直す>
歩く際の悪い癖は魚の目だけでなく、体に様々な悪い影響を及ぼすと言われています。「左右の足に均等に体重がかかっているか?」「正面を向いて真っ直ぐ歩けているか?」「かかとで着地しているか?」といったポイントを鏡で見ながら歩いてみたり、家族に直接チェックしてもらうようにしましょう。

魚の目をテーマにお届け致しました!足裏は彼や旦那さんからも意外と見られているパーツの一つ…美しい足裏をキープするためにも是非参考にしてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。