爪が頻繁に割れる人はタンパク質不足?栄養バランスはガタガタ!

爪が頻繁に割れる人はタンパク質不足?栄養バランスはガタガタ!

握手する相手の爪が汚かったら嫌ですよね。爪は小さなパーツですが人の目に触れる機会が多い部分です。爪にとって食事はとても重要な要素で、栄養バランスが乱れると爪が割れやすくなったりします。キレイな爪を保つためにはどうすればよいでしょうか?

爪が割れやすいのは栄養不足が原因?乾燥にも注意!

神は細部に宿るという言葉がありますが、美も細部で決まるといっても過言ではないでしょう。とくに足先、指先、髪の毛の先はキレイに整えられているかで、印象を大きく変えてしまうほどの影響力を持っています。

なかでも、人の目に触れやすい足先や指先は念入りにケアしたいパーツです。

そんな小さなパーツ、爪ですが、よく頻繁に割れてしまうことはありませんか?これにはきちんとメカニズムがあるのです。

まず考えられるのは栄養不足。爪が薄くなっていたり、割れやすい状態はタンパク質が不足している可能性が高いと言われています。爪は皮膚と同様にタンパク質からできていて、他にもビタミンB群や亜鉛、鉄分などから形成されているのだとか。

さらに季節も大きく影響します。とくに乾燥している季節は割れやすい状態が続くのだそう。実は爪は水分を含んでいるのですが、乾燥によって水分が少なくなることで割れやすくなると言われています。

爪をキレイに保つにはタンパク質が不可欠!栄養バランスに気をつけよう!

そんな割れやすい爪はどのようにケアすればよいのでしょうか?

やはり栄養不足を解消するために、タンパク質を摂取したいところです。食生活でバランスのとれた食事ができている人は、自然と割れやすい爪にはなりにくいでしょう。爪が割れた時は、栄養バランスがよくないサインと考えてもいいかもしれません。

また、実は爪の切り方にも注意が必要なんです。大きくいっぺんに爪を切ると、爪に大きな負担がかかってしまい、割れやすくなってしまいます。

割れやすい爪を防ぐのなら、少しずつ爪を切っていく方が負担も少なく済むので、結果割れにくくなります。また爪を切るときは、乾燥しているタイミングを避けましょう。できるだけお風呂上がりなどに切るのがおすすめです。

人の目につきやすい爪ですが、キレイにすることでプラスに見られることも多いパーツです。栄養バランスを考えて、美しい指先を保つように心がけましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事