春ですね!夏より怖い紫外線!しっかり日焼け止めできていますか?

春ですね!夏より怖い紫外線!しっかり日焼け止めできていますか?

近頃すっかり暖かくなって過ごしやすくなりました。そうなると紫外線を気にせずにはいられません。夏にも匹敵すると言われる春の紫外線。日焼け止めなどで早めに対策しておくことが大切ですが、そんな気をつけたい春の紫外線について見ていきましょう。

春に日焼け止め?知らなきゃ危険な春の紫外線対策!

冬の間はあまり気にしていなかった紫外線。暖かくなって日差しを強く感じる日が増えてきましたね。みなさんしっかり紫外線の対策できていますか?

え?春なのにもう紫外線対策?と驚いている人は要注意です!紫外線量は3月〜4月にかけて徐々に増え始めて、5月から夏の終わりにかけてピークを迎えます。

紫外線は夏のみならず、まさにこの春の間から対策しておかないと、お肌にシミやシワを作ってしまいかねないのです。

なかでもお肌の真皮層まで到達する紫外線UVAは、春でもピークの夏にも匹敵するほどの紫外線量が降り注ぐこともあるとかで、しっかり日焼け止めを塗っておかないと、知らず知らずのうちにお肌の老化が蓄積されてしまうかもしれないんです!

春の日焼け止めはPAに注目!紫外線UVAから肌を守れ!

では、春はどんな日焼け止めがよいのでしょうか?

日焼け止めはSPFの数値を気にしがちですが、SPFはやけどのような日焼けを引き起こす強い紫外線UVBに対する防御力と言われています。

春はSPFよりも、UVAの防御力を示すPAの数値をチェックしましょう。PA++以上のものを選ぶのがおすすめですが、長時間外にいる場合はPA+++程度あってもよいでしょう。

またこうした日焼け止め以外にも、帽子やサングラスといったアイテムも活用しましょう。特に目元はシミやシワができやすいパーツですので、物理的に紫外線から守ることも重要です。

UVAを受けた肌はすぐには表面に現れません。気づいた時にはいつの間にシミが?と驚くことでしょう。その原因は、念入りにケアする夏よりも、紫外線対策の意識が薄い春にあるとも考えられています。

紫外線を受けた肌は、見た目年齢にも大きく影響しますので、油断せず、しっかり日焼け止めをして春の紫外線を防ぎましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事