寝る前のケアでくせ毛が変わる!髪には風呂上がりのブローが大切!

寝る前のケアでくせ毛が変わる!髪には風呂上がりのブローが大切!

くせ毛に悩む女性は多いと思います。朝起きた時の髪の毛の広がりっぷりに毎日うんざり。そんな人は前日のケアが足りていないのかもしれません。実はくせ毛は、寝る前の一手間で翌日のスタイリングが劇的にしやすくなるのです!

広がるくせ毛は寝る前のケア次第!髪の毛のダメージを防ごう!

ああ、風にたなびくさらさらストレートな髪の毛だったらなあ、と嘆いても髪質を変えるのは難しいですよね。今の髪の毛をキレイにケアしてあげるだけでも、意外に十分整うこともあるのです。

そのためには自身の髪質と向き合って、正しいヘアケアを行うことが重要です。

髪の毛は紫外線などで傷んでしまいます。そして傷んでしまった髪の毛は元の状態には戻らないと言われています。これは、お肌と違って髪には自己修復機能が備わっていないためなんだとか!

くせ毛は元の髪質のみならず、このダメージによって広がったり、まとまらなかったりすることが多いです。そのため、まずは髪の毛に極力ダメージを与えないことがとても重要なんです。

なかでも髪の毛が傷みやすいのが、髪が濡れている状態。お風呂上がりに乾かさずに寝てしまうと、濡れた髪が枕に押し付けられてダメージの原因になるのだそう!

つまり、この毎日の風呂上がりのヘアケアをしっかり行うことで、広がるくせ毛を抑えることにつながるのです。

髪の毛の自然乾燥は危険?広がるくせ毛にはしっかりブローで乾かそう!

では、お風呂上がりのヘアケアとは、一体何をすればよいのでしょうか?

まずは濡れた髪を乾かしましょう。ドライヤーは傷むからと自然乾燥をさせているとしたら危険です。自然乾燥はなかなか髪が乾かないため、傷みやすい状態が長く続いてしまっていることになります。

髪をかきあげたり、結んだり、ちょっとしたことが濡れた髪には大きな負担になるのです。できるだけ早く傷みにくい状態、つまり乾かすことが大切です。お風呂上がりにはドライヤーで髪を乾かすだけで、広がるくせ毛を抑えることにつながるでしょう。

それでも広がってしまう人はヘアオイルなどを利用しましょう。ブローの仕上げは必ず冷風で髪の毛の余熱を取り除いて起きましょう。

翌朝、いつもよりまとまった髪で気持ちのよい1日を始めましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事