【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】陽の気がどんどん満ちてくる4月。今月はちょっと贅沢を楽しんで!

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】陽の気がどんどん満ちてくる4月。今月はちょっと贅沢を楽しんで!

風水に基づく開運アクションアドバイスが「怖いほど効果が現れる!」と評判の、風水心理カウンセラーの谷口令さん。風水アドバイス歴40年以上で、そのカウンセリング数は1万件以上という谷口さんに、4月の氣の流れと開運アクションを聞いてきました。

「美」を司る、九紫火星の月です

さ、新生活スタート! 4月は九紫火星の月になります。九紫火星は、美・直感・贅沢などをキーワードに持つ九星です。

ですからたとえば……

*春、気分一新、新しいコスメに買い換える(美)
*1日の終わりのお疲れビールをスパークリングワインに変えてみる(贅沢)
*毎日手作りのお弁当を持って行っているけれど、週1回だけ外ランチを自分にプレゼントする(贅沢)

などというのは非常に九紫的な過ごし方。

また、新生活に向けてさまざまなものをそろえる人も多いでしょう。そのとき、「安いからいいや」ではなく、ちょっと背伸びしたものを買ってみてください。その“背伸び”が九紫のパワーを引き寄せ、運を開きます。

もちろん、全部が全部背伸びしたものを買う必要はありません。たとえば、メイク道具一式買い換えるとしたら、ファンデーションだけはいいものにしてみる、その程度でいいんです。

ちなみに今年を司るのは八白土星の気。土、つまりものごとのベースを司る九星ですから、化粧品を買う際、メイクのベースになるファンデーションをちょっといいものにしてみるなんておすすめですよ。

風水というのは、何も“風水専用グッズ”と言われるものを買う必要はありません。こうした身近なものに風水の知恵を活かしていくことなんです! 今月は、美術館や映画館など芸術や感性に関連する場所がパワースポット。休日は家にこもらず、ぜひ美術館に行ったり、映画館に行ってみてください。

<4月の開運アクション>

◆イランイランの香りが吉。
◆ラッキーカラーはパープル・ラベンダーカラー。
◆ラッキースポットは美術館、映画館、劇場、コスメ売り場。
◆食べて体の中から開運する食風水は、かに、えび、貝、揚げ物、点心、柑橘系のカクテル、スパークリングワイン。

<4月のラッキーデー>

天赦日
知らず知らずに犯してしまった罪や穢れを天が赦し、邪を祓ってくれる最強の開運日。年6回程度しかない。
【9日】

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
たった1粒のもみが万倍にも実り、素晴らしい稲穂になること。小さなことでも始めたことが何倍にも実る日とされるため、新しい物事をスタートするのにいい日。
【9日、12日、21日、24日】

17日から春の土用に入ります

この連載をずっと読んでくださっている方々にはもうおなじみですね! そうです、4月17日~5月5日まで春の土用に入ります。

土用とは、雑節という暦の1つで立春、立夏、立秋、立冬の前の各18日間のことです。つまり立春や立冬は、「暦の上でこの日から春ですよ!」「冬ですよ!」という合図の日。その前の約2週間ちょっとくらいは準備が必要なんですね。

考えてもみてください。今年の立夏は5月6日ですが、この日いきなりセミが鳴き始め、ひまわりが咲くわけではありません。季節というのは1日でがらりと変わるのではなく、何日もかけて次の季節へ移り変わるものですよね。それは人間も同じ。体や運をこの土用の期間に整え、夏を迎える準備をするんです。だからこの18日間は以下のような症状が出やすくなります。

*やる気が起きない
*物事がうまくいかない
*忘れ物をしやすい
*体がだるい
*風邪をひく

運も体調も心も調整期間に入るため、停滞するためです。すべて土用のせいなんですね。でも次の季節本番に全力で立ち迎えるよう、必要なこと。だからこそ土用の期間はゆっくりと好きなように過ごしましょう。

この土用の期間に無理をしてしまうと、必ずと言っていいほど季節本番になったときに体調を崩してしまったりするので要注意。私などは1年の始まり(風水では前年の冬至の日かその年の立春)に、手帳をおろす際、年4回ある土用の期間をマーカーでわかるように印をつけています。

そしてこの期間だけは予定を詰め込まず、ゆっくり過ごせるよう、スケジュールを組みます。実はこうした“暦を大切にする”ことも、九紫的なアクションの1つ。ぜひ、この春の土用から暦を気にかけてみてくださいね!

取材・文/中田ぷう

関連キーワード

関連記事