美人顔は左右対称&黄金比で決まる!【おブスに見える非対称顔はコレ!】

美人顔は左右対称&黄金比で決まる!【おブスに見える非対称顔はコレ!】

目や眉の大きさや高さの差をメイクで隠していない? 左右でパーツの見た目が違う“非対称顔”は生まれつきじゃありません。左右偏った体の使い方や嚙みグセによってできたのが今の“非対称顔”。まずは顔の偏りがどこに現れているのかをチェック!

【教えてくれるのは】

アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん
長年のセラピスト経験を通して「村木式」美容メソッドを確立。メディアでゴッドハンドとして紹介され、女優やモデルにもファンが多い。近著は『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社)。

日常生活でできた筋肉の偏りが顔の左右差に

左右の眉の太さを合わせるために眉がどんどん太くなる、目の高さが違うからアイラインが入れづらい。こんな悩みも対称美顔になれば解決できる。でも、メスなしで非対称顔を変えられるの?

「非対称顔は体やあごのゆがみがおもな原因です。脚を組んで座る、片足重心で立つ、同じ側ばかりで嚙むなど、悪い生活習慣で骨格がゆがみ、それに顔の筋肉が引っ張られてゆがんでしまうのです」

そんな非対称顔が目指すのは、左右対称&黄金比の美人顔!「万国共通の美人顔は、パーツが左右対称で、顔の縦横の長さや幅、各パーツの位置などのバランスが黄金比に近いこと。顔をこの2つの条件に近づければ、誰でも美人顔になれます」

それを可能にするのが村木式メソッド。体と顔のゆがみをとって、美人顔に!

美人顔は左右対称&黄金比で決まる!

生え際から眉、眉から鼻の下、鼻の下からあごまでが1:1:1で、顔の幅は目の幅の5倍くらいが黄金比。パッと見た時にバランスがよく見えるため、美しい人だという印象を周りに与える。

目尻から黒目の外側、黒目の横幅、黒目の内側から目頭までが1:2:1が黄金比。黒目が大きな人ほど美人に見えるのはそのため。一重や二重は関係ない。

鼻の下から唇の中心と、唇の中心からあごまで、1:2が美人唇。鼻の下が短いほうがきれいに見える。“あひる口”は鼻の下が短く見えてかわいい印象に。

おブスに見える非対称顔はコレだ!!

こんな非対称パーツの悩みを持つ人は多いはず。対称美顔の第一歩は、すっぴんで鏡を見て、自分の顔のどこが非対称かを知ることから!

眉の高さが左右で違う
眉は骨盤から遠く離れているが、骨盤のゆがみが筋肉を引っ張ってあごがゆがみ、眉の左右差に表れることも。

鼻が顔の中心からずれている
骨盤のねじれが鼻のゆがみを引き起こしていることも。鼻のゆがみがひどい人は骨盤のゆがみケアをしっかりと。

目の大きさと高さが違う
目の酷使による目のまわりの筋肉のこりなどでも、左右の目の大きさや高さの違いとなる。

口角が片方だけ下がっている
嚙みグセや食いしばりによって片方の筋肉ばかりを使うと、片方だけ口角が下がり、ほうれい線も深くなる。

エラが片方だけ大きく張り出している
嚙む時に使う咬筋が発達するとエラが張る。食いしばりや、片方で嚙むクセを意識するとエラの張りがとれる。

ほおの幅や丸みが左右で違う
ほおの幅が左右で違ったり、丸みに差があるなら、あごがゆがんで片側の筋肉が強張っているサイン。

撮影/恩田亮一、浜村達也(取材) ヘアメイク/土方証子 モデル/八木夏穂(VOCEST!) イラスト/河野悦子 取材・文・構成/山本美和

関連キーワード

関連記事