小田切ヒロさんがアンサー! 新生活に必要な最旬メイク術

小田切ヒロさんがアンサー! 新生活に必要な最旬メイク術

働く女性のためにファッション、美容、仕事、恋愛・結婚、趣味など多岐にわたる講座を開催してきた「GINGER STYLE セミナー」。
今回の講師...


働く女性のためにファッション、美容、仕事、恋愛・結婚、趣味など多岐にわたる講座を開催してきた「GINGER STYLE セミナー」。 今回の講師は、1月に3冊目の著書となる『美容中毒』(幻冬舎)を発売した人気ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさん。本には書かれていない『美容中毒』の制作秘話から今すぐ取り入れたい“小顔テクニック”まで熱く語っていただきました。“キレイになるヒント”が盛りだくさんだった講演の様子をレポートします!

【制作裏話】『美容中毒』には、70人の女性が潜んでいる⁈

絶賛発売中の『美容中毒』は、小田切さん自身の言葉で語られている文字のみの美容本。まず話題は、この本を作ることになった経緯について。普段メイクルームで話していることを本にしたい、という担当編集からのリクエストがきっかけだったそう。

「編集を担当してくださった黒川さんは、いつも僕と会って話すと“元気になれる”と言ってくださって。今まで出会ってきた数多くの女性から学んだは、“女性の本当の美しさ”について、言葉だけで1冊にまとめてみようと思ったんです。伝えたい内容をどんどん書き連ねていたら、気づいたら膨大な量になっていて・・・。初めのコンセプトは “小田切ヒロと100人の女たち“(笑)。だけどもっと、ひとつひとつの内容を濃くするためには、“100”にこだわらなくてもいいのでは?ということになり、結果、70に落ち着きました」

本に収められている70の言葉とエピソードの裏には、小田切さんが出会った女性の存在が明らかに! “女性たち”のジャンルはさまざまで、誰もが知る女優さんもいれば、一緒に仕事をしているライターや編集の女性スタッフ、たまたま街で見かけた女性・・・までさまざまだそう。

セミナーでは、
「肌は命。」
「シワなんてあるのが当たり前。」
「洞察力、鈍感力、スルー力。」
という3つの言葉をピックアップし、そのモデルとなった女性も明らかに。会場からは驚きの声が上がっていました。

驚くほど顔が小さくなる!小顔テクニックを生披露

“本当の美しさ”について学んだあとは、明日からのメイクに役立つメイクアドバイス。計算された小田切さんのメイクテクニックが生で見られるとあって、話を聞きながら熱心にメモを取る参加者の姿が印象的でした。小田切さんが実演してくれた最旬テクニックをふたつご紹介。

①3点ハイライト
「顔全体のマット:ツヤの割合は、8:2がトレンド。2割のツヤをどこに入れるかというと、鼻根と、目頭と鼻根の間のくぼみ。指で点置きすれば、肌印象がぐっとアカ抜けるんです」(小田切さん)

②輪郭またぎローライト
「ゆるんだフェイスラインがシュッと引き締まり、小顔効果絶大のローライト。耳下から輪郭の骨に沿ってのせていき、アゴの裏まで骨をまたぐように指でなじませて」(小田切さん)。

書籍のなかにある「いつだって、時代を動かすのは女性。」という言葉通り、ひとりひとりの女性のメイクには大きな力があります。毎日、ただ漠然とメイクするのではなく、目的を持つこと。この春から、ぜひ心がけてみましょう。

毒と愛に溢れた“言葉の美容”を、ぜひ体感して!

小田切さんのメイクテクニックを学んだあとは、参加者からのリアルなお悩み相談タイムに。
「メイクがいつもマンネリになってしまう」「どんな色が似合うか、どんなメイクが似合うかわからない」などひとつひとつの相談に丁寧にアンサー。生の言葉は、参加者たちの心にぐっと響いたのではないでしょうか。

セミナーの最後に、「女性に生まれたみなさんが羨ましい」と語っていた小田切さん。女で生まれた以上、“美しくなること”を諦めないで欲しい、という小田切さんの強いメッセージ。『美容中毒』をまで手に取っていない方は、今すぐぜひ、手に取ってみてください!

『美容中毒』
女性ファッション誌やイベントなどで大人気のヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさんが、様々な女性と出会う中でたどり着いた本当の女性の美しさについて語る一冊。

女性の本質が透けて見える、唇。/大人はときにチークレスというスパルタ。/シワなんてあるのが当たり前。/コンプレックスは隠さない。/くすみが出てラッキー。/眉で人生が変わる。/美しい姿勢という魔法。/人が見ているのは、たいてい横顔/抜け感と、ただの間抜け感と。/マンネリに支配されたら終わり。/細部に洗練。/悪魔な真顔。笑顔な真顔。

マインドから美しく。心躍る、言葉の美容。


関連キーワード

関連記事