つるつるツヤ肌おでこになりたい!乾燥しらずのスキンケアポイント

つるつるツヤ肌おでこになりたい!乾燥しらずのスキンケアポイント

毛穴が気になる鼻や、乾燥しやすい頬などのケアは念入りにしていても、忘れやすいのがおでこのスキンケア。おでこが潤い不足だと、将来シワになってしまう可能性があるため、今のうちからしっとりツヤツヤのおでこを手に入れるスキンケアをしましょう。

乾燥しやすいおでこをそのままにしておくとシワになってしまうかも…

スキンケアをするときに頬や鼻などの気になる部分を念入りに行いがちで、前髪で隠れるおでこはささっと化粧水をつけたり、擦るようにクレンジングや洗顔をしているという方も少なくないはず。毎日の保湿不足や摩擦などにより、おでこの乾燥が深刻化してしまうかもしれません。

おでこが乾燥していると、ファンデーションが綺麗に乗らなかったり、粉ふきや皮むけ、かゆみやヒリヒリ感が気になることも。乾燥した状態のままでいると、将来くっきりとおでこにシワが刻まれる場合があるので注意が必要です。

早めの対策でツヤツヤしっとりおでこへ!

おでこにでシワが深く刻まれてしまうと、元の状態に戻すのはとても難しいと言われているため、早めのお手入れでおてごをしっとりさせていきましょう。

おでこは皮脂腺が多くて汗をかきやすく、なんとなく潤っているイメージがありますが、表面は汗や皮脂でしっとりしていても、内側は水分不足になっているかもしれません。水分と油分をおでこにバランス良く補っていくことが大切ですよ。

おでこのクレンジングや洗顔は、洗浄力の強いものを使って擦るように洗うと、肌に必要な皮脂や潤いを奪われて乾燥スピードがはやまってしまいます。なるべく保湿成分がたっぷり含まれた洗顔料やクレンジングを使い、擦らず丁寧に洗っていきましょう。髪の毛の生え際は洗い残しが多く、ニキビや吹き出物になりやすいのできちんと洗い流してくださいね。

保湿ケアのポイントはたっぷり水分を補うこと。おでこは顔のパーツの中でも面積が広いため、頬などにつけた化粧水や美容液の余りをつけるだけだと量が足りない可能性があります。適量の化粧水を手のひらに出して両手で温めてから、包み込むようにおでこ全体に馴染ませていきましょう。化粧水が馴染んだら、美容液、乳液、クリームを少しずつ重ね付けしてハンドプレスをしたら完了です。

おでこに潤いをたっぷり与えてつるりん肌

洗顔やクレンジングだけでなく、シャンプーやトリートメントも髪の毛の生え際やおでこに残りやすいため、きちんと流してニキビなどの肌トラブルを防ぐことも忘れずに!意識せず、ささっとおでこのお手入れをしている方は、将来シワに悩まないためにも今日から試してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事