ニキビができてるけど日焼け止めを塗るべき?悪化させない紫外線対策

ニキビができてるけど日焼け止めを塗るべき?悪化させない紫外線対策

今の季節、ぐんと紫外線量が増えてくるため日焼け止めでしっかりと紫外線対策をし始める方が多いはず。でも、顔にニキビができていると日焼け止めを塗ることで悪化してしまいそうなイメージがありませんか?肌に負担をかけにくい紫外線対策をしましょう。

ニキビに日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びるとニキビ跡に…

寒い冬が終わり、暖かい春がやってきましたが紫外線に油断は禁物!紫外線が肌に降り注ぐと急激に乾燥して角質が分厚くなり、毛穴が詰まってニキビができやすくなると言われています。

ニキビができている部分に日焼け止めを塗ると余計にニキビが悪化してしまいそうな気がしますが、ニキビに紫外線が降り注ぐと活性酸素が増えてニキビの炎症が悪化したり、ニキビ跡にもなりやすいため注意が必要ですよ。

ニキビに負担のかかりにくい日焼け止め選びとアフターケアを

ニキビができている部分に紫外線が当たるのを防ぐために、日焼け止めを塗ることが大切だと言われていますが、紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めや、汗や皮脂に強く落ちにくい日焼け止め、毛穴を詰まらせやすい油分の多い日焼け止めなどを使うとニキビが悪化してしまう可能性があります。日焼け止めの選び方次第でニキビが余計に悪化してしまうことがあるため、なるべくノンケミカル、オイルフリー、敏感肌用、ノンコメドジェニック、石けんで落とせる日焼け止めを選んでニキビ肌への負担が軽くしていきましょう。肌に合うか不安な方は、ドラッグストアなどでサンプルを貰い、合うかどうか確認してからニキビのできている部分に塗ってみてくださいね。

また、日焼け止めを塗っていてもムラができていたり、汗で落ちてしまう場合があるため、帰宅後はアフターケアを行ってニキビへの負担を軽減してあげましょう。まずは濡らしたタオルで肌を冷やし、火照った肌をクールダウンさせていきます。そして冷蔵庫で冷やしておいたニキビケア化粧水をコットンに含ませて、1〜2分コットンパックを。コットンが乾いてからも肌に貼ったままだと、ニキビに負担をかけてしまうため、乾く前に剥がすことがポイントですよ。ニキビ跡やニキビに効果的はビタミンC誘導体入りの美容液を馴染ませるのも効果的です。

ニキビにも使える日焼け止め選びで春の紫外線対策を!

ニキビを悪化させたり、なかなか改善されないニキビ跡にしないためにも、春は特にしっかりと紫外線対策をしていくことが重要です。帰宅したらなるべく早く丁寧にクレンジングと洗顔をして、日焼け止めを肌に残さないように気をつけていきましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事