【悩めるイエベ問題】ボルドーリップが肌浮きするときは?

【悩めるイエベ問題】ボルドーリップが肌浮きするときは?

新しい自分を開拓するためにも苦手色の領域へ足を踏み入れたいところ。けれど、大きな壁となるのが肌色問題。そこで、「似合わない」を「似合う」に変える木部明美流のリップテクを紹介。

ヘア&メイクアップアーティスト
木部明美さん
独自発想の色使いに加え、肌にもオシャレ感を宿すトレンドメイクの匠。ビューティ専門誌のほか、ファッション誌や広告など、幅広く活躍。

モードっぽすぎるボルドーのときは……

赤褐色系の重めブラウン。ダークトーンながら植物由来のツヤ感でふっくら女らしく。
エンスロール グロス 02 ¥2800/セルヴォーク

あえてのムラ塗りで発色調整

「きっちり形どる&マット質感だと重たい印象に。ムラ塗りでカジュアルに仕立てて」

ボルドーは輪郭をルーズにするのが正解。チップでポンポンと全体に置くようにのせる。

上下の唇を合わせて「ンパッ♡」と開ければOK。クセで唇をスライドしないよう注意を。

撮影/東京祐(人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/木部明美(PEACE MONKY) スタイリング/程野祐子 モデル/メドウズ舞良(VOCE 専属)、NANAMI 取材・文/金子優子 構成/河津美咲

関連キーワード

関連記事