花粉の時期のゆらぎ肌と向き合うために、守りのスキンケアを

花粉の時期のゆらぎ肌と向き合うために、守りのスキンケアを

日差しの暖かい春、季節の変わり目は、いつもより肌がゆらぎやすくなると感じたことはありませんか?特に花粉症の方は、春になるといつも使っているスキンケアでさえヒリヒリしてしまいがち…。春のゆらぎ肌を守るスキンケア方法をご紹介します。

春になると花粉や紫外線などでゆらぎ肌になりやすい…

 

春になると、紫外線量がぐっと増える上に花粉が肌に付着しやすく、少しの刺激でさえも肌が敏感になったり、肌の調子が悪くなると言われています。寒い冬から暖かい春に変化していくこの季節は、強い紫外線などのダメージにより肌のバリア機能が低下気味…。するとほんの少しの刺激に過剰反応してしまうのです。

ゆらぎ肌としっかり向き合う春のスキンケア方法

 

ゆらぎ肌が悪化すると、肌のバリア機能がどんどん低下して、敏感肌を招いてしまうことも。美白ケアやエイジングケアなど攻めたスキンケアをしたくなる時期ですが、肌がゆらいでいるときには保湿を重視した守りのスキンケアに力を入れていきましょう。

じんわり汗をかいたり、皮脂が分泌されてベタベタしやすい春は、ついさっぱりとした使用感のアルコール入りの化粧水などを使ってお手入れしたくなりますよね。でも、肌がゆらいでいる時期にはアルコールが刺激になりやすく、赤みやヒリヒリ感の原因になってしまう可能性があります。さっぱりしすぎる基礎化粧品やアルコール入りの基礎化粧品はなるべく控えて、保湿効果が高めの化粧水、乳液、クリームを取り入れて、優しく丁寧な保湿ケアを心がけましょう。

保湿ケアを重視していても、毎日のクレンジングや洗顔をするときにゴシゴシ擦り洗いしていると、摩擦が加わって乾燥を引き起こすことがあるため要注意。洗顔料を使った洗顔は1日2回、クレンジング料はメイクの濃さに合わせた洗浄力のものを選ぶといいですね。

そして欠かせないのが紫外線対策。ゆらいだ肌に紫外線が降り注ぐと、さらにダメージが加わってしまいます。ゆらぎ肌には紫外線吸収剤不使用の日焼け止めや敏感肌用の日焼け止め、石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止めを使って、きちんと紫外線対策をしていきましょう。

春のゆらぎ肌と向き合うスキンケアで健やかな状態に

春は新しい環境や生活がスタートするため、疲れやストレスがどっと溜まりがち。スキンケアだけではなく、なるべく質の良い睡眠時間を確保したり、お風呂にゆっくり使ったり、リフレッシュをして疲れやストレスを溜めないように自分にもご褒美をあげてくださいね!