キツ〜いおならの臭い…原因は何?臭いを抑えるおすすめの食事方法

キツ〜いおならの臭い…原因は何?臭いを抑えるおすすめの食事方法

自分のおならの臭いを嗅いで思わずクサイ!とショックを受けた経験はありませんか?今回は、そのおならの臭いの原因と、それを抑える食事方法についてご紹介します。おならの臭いは体からのサインでもあるので、食事で体を整えて臭いも抑えられたら◎ですね。

おならの臭いがきつくなる原因とは?

 

お腹にガスが溜まる原因は酸素や二酸化炭素など飲み込んだ空気と食べ物の二つにあります。私たちは食事をする際、気づかないうちに大量の空気を飲み込んでいるんだとか。飲み込んだ空気の一部はゲップとして排出され、残ったものは腸に移動しおならとして排出されているそうです。

空気を元として作られたおならの場合、ほとんど無臭なのですが問題となるのは食べ物のカスを腸内細菌が分解する際に発生するおなら…!腸内細菌には善玉菌と悪玉菌が存在しています。臭いおならが発生する場合、悪玉菌が増えている証拠と言われており、悪玉菌はたんぱく質や脂質を餌として増加する性質を持っているとのこと。

特に高脂質な肉や揚げ物、こってりとしたとんこつラーメンなどは悪玉菌が増えやすく、アンモニアやスカトールといった臭いガスが発生してしまうので食べ過ぎには十分注意しましょう。

おならの臭いを抑えるおすすめの食事方法

 

おならを臭くする原因「悪玉菌」はどのようにすれば減らすことができるのでしょうか?早速チェックしていきましょう。

〜おならの臭いを抑えるおすすめの食事方法〜
<食物繊維や善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)を含む食品を食べる>
善玉菌は腸内のphを酸性に傾け、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。善玉菌を増やすには善玉菌の餌となる食物繊維をはじめ、善玉菌そのものを含むヨーグルトやキムチ、乳酸菌飲料などのドリンクを積極的に摂るようにしましょう。

<動物性タンパク質は最後に食べる>
肉・魚・卵などの動物性タンパク質は消化に時間がかかるため、一番最初に食べてしまうと悪玉菌を増殖させる原因になります。食事の際は野菜→汁物→ご飯→動物性タンパク質という流れで消化が早いものから順番に食べることをおすすめします。

<腹八分目にする>
食べ過ぎは消化不良を起こし、未消化のまま食べ物が腸に流れてしまい悪玉菌が増える傾向にあります。毎食お腹いっぱいになるまで食べるのではなく、腹八分目〜六分目に抑えたり夜だけフルーツに置き換えるなどすると消化不良を防ぐことが可能です。

臭いおならは体からの危険信号!肌荒れや体調不良の原因にも繋がるので是非この機会に日頃の食生活について見直してみてはいかがでしょうか?