ブースターこと導入美容液は必要?具体的な役割や選び方について

ブースターこと導入美容液は必要?具体的な役割や選び方について

雑誌や美容系ブログをチェックしていると最近よく目にするようになったブースターこと導入美容液。興味はあるものの、実際はまだ使ったことがないという方もいるのではないでしょうか?こちらでは導入美容液の特徴についてご紹介したいと思います。

導入美容液「ブースター」の役割とは?使い方について

 

導入美容液は下記のような項目に当てはまる女性に是非使って欲しいアイテムです。

・化粧水をつけてもすぐに乾燥してしまう
・年齢を重ねる毎に化粧水が浸透しにくくなった
・肌がゴワゴワと固い感じがする

もし心当たりがある場合、どんなに高いスキンケア用品を使ってもきちんと肌に美容成分が行き届きにくくなっているため効果をなかなか実感できないんだとか…。そんな時に活用したいのが導入美容液!導入美容液は固くなった肌表面の角質層の奥まで浸透し、肌を柔らかく蘇らせる働きがあります。その結果、肌の表面で行き場を失っていた化粧水の有効成分が奥まで浸透しやすくなるのです。

〜導入美容液の上手な使い方〜
1.お手持ちの洗顔フォームで顔を洗い肌を清潔な状態に整えます。
2.洗顔後、タオルで水気を拭き取ったらすぐに導入美容液を塗りましょう。
3.導入美容液をつけたら普段通り化粧水や乳液で保湿ケアしてください。

導入美容液を塗る際、擦りつけてしまうと肌に負担がかかってしまうためハンドプレスするように優しく馴染めませるようにしてください。また、手の温度で温めることで有効成分がより肌に入りやすくなります。

導入美容液「ブースター」の選び方

 

最後に導入美容液の選び方についてチェックして行きましょう。

〜導入美容液の選び方〜
<テクスチャーで選ぶ>
導入美容液と一言で言ってもオイルタイプから炭酸タイプまで様々な種類に分かれており、それぞれテクスチャーも異なるとのこと。まずは店頭で試してみて自分の肌質に合っているものを選ぶようにすると良いでしょう。

<価格帯>
導入美容液は続けることで効果が得られやすくなります。ハイブランドのものを買っても途中でやめてしまうと意味がありませんので、毎月使い続けられそうな価格帯のものを選ぶことをおすすめします。

導入美容液をテーマにお届け致しました!しっかりスキンケアを行なっているにも関わらず、「肌トラブルがなかなか改善されない」「乾燥しやすい…」という方は導入美容液を使うことで解決に繋がるかもしれません。ご興味がある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。