体臭の原因は汗ではない⁈食生活が原因⁈食べる物に気をつけて体臭解消!

体臭の原因は汗ではない⁈ 食生活の改善で臭い対策!おすすめの食材

夏に向けて気温も湿度も高くなり、気になるのが汗と臭い。体臭は、自分では気づきにくいからこそ、事前にケアしたいですよね。その体臭の原因が食生活にあることをご存じですか?今回は、原因となる食生活と対策についてご紹介します。

体臭の原因だと思っていた「汗」は、そもそも臭わない!?

体臭の原因は汗ではない⁈食生活が原因⁈食べる物に気をつけて体臭解消!

汗をかくと不快に感じるのが臭い。実は出たばかりの汗は無臭と言われています。汗が出る汗腺は「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があり、それぞれに汗の性質や汗を出す仕組みが異なります。汗腺の働きによって、臭いが発生します。

【体臭を左右する2つの汗腺】
<エクリン汗腺>
エクリン汗腺は、体全体に分布する汗腺のひとつです。体温と水分の調節をするための汗は、エクリン汗腺から出るものです。汗自体はほとんど臭わないと言われています。

<アクポリン汗腺>
アポクリン汗腺はカラダの限られた部分にあり、特にワキの下に多く分布してます。独立して皮膚に開口しているエクリン汗腺と異なり、毛根に開口部があります。
アポクリン汗腺から出る汗は白く濁っていて、脂質やタンパク質などニオイのもととなる成分を多く含んでおり、もともとはフェロモンの役割をはたしていると言われています。

エクリン汗腺・アポクリン汗腺から分泌された汗が、肌に付着したままでいると皮膚に棲みついている常在菌によって分解が進み、やがてニオイの元となるガスを発生させます。体臭とは汗をかいたまま放置することによって、雑菌が増え、ガスを発生させることで起こるものと言われています。

体臭の原因は食生活にもあった!

体臭の原因は汗ではない⁈食生活が原因⁈食べる物に気をつけて体臭解消!

体臭の発生源は3つに大きく別れます。それらの臭いの元は口から入った食べ物も影響し、食生活の欧乱れや欧米化が、体臭に影響していると言われています。

【3つの体臭発生源の種類】
<体表面体臭>
汗と皮脂、皮膚上の常在細菌によって発生する臭いと言われています。一般的に「体臭」といえばこれをさします。

<体内体臭>
ホルモンバランスや生理機能の変化により皮脂の分泌や活性酸素が増えたことで起こると言われています。ストレスや病気が原因なこともあるそうです。

<腸内体臭>
食べたものが腸の中で分解、発酵する際に発生したガスが体内で吸収され、汗や口臭として出るものと言われています。便臭や腐敗臭などもそのひとつです。

体臭の原因となり得る食材とは?

体臭の原因は汗ではない⁈食生活が原因⁈食べる物に気をつけて体臭解消!

食生活の欧米化で、肉類や乳製品の増加し「脂」の多い食事などが増えました。食生活の変化から体臭の原因となる気をつけたい食材をご紹介します。

【体臭の原因になり得る食材とは】
<肉類>
たんぱく質だけでなく脂質が含まれているため、必要以上に食べてしまうと脂質が脂肪として体に蓄積し、皮脂も増加しやすくなります。皮脂が増加すると、体の中で酸化してしまうため、悪臭を放ちやすくなるんだとか。タンパク質は腸内で分解される際にアンモニアと呼ばれる物質が作られるそうです。腸内の悪玉菌によってアンモニアが作られると悪臭を放つと言われています。

<アルコール>
人間の体はアルコールが分解される時に、アセトアルデヒドや酢酸という物質に変わるそうです。アセトアルデヒドによって、有害のアルコールを無毒に変化させますが、アセトアルデヒドの量が増えるほど体臭がきつくなってしまうと言われています。

<ニンニク>
ニンニクといえば、口臭を発生させる食べ物で有名ですが、口臭とともに体臭も悪化させてしまう食べ物としても知られてます。ニンニクに含まれる成分にアリインがあります。ニンニク料理でアリインという物質がアリナーゼという酵素によりアリシンという物質に変わります。アリシンが口臭や体臭を重ねてしまう原因で、血液中に取り込まれると皮膚からもニオイを発してしまうため、臭いと感じてしまうそうです。

<食品添加物の多い食べ物>
コンビニ弁当やジャンクフードなどの化学調味料、着色料や保存料と言ったような食品添加物は、大量に食べてしまうと体が毒物だと思い込んでしまい、活性酸素を多く排出してしまうんだとか。活性酸素は、体を作る細胞が酸化してしまうもので、これらが酸化してしまうと強い悪臭を放つと言われています。

体臭予防に効果的な食べ物

体臭の原因は汗ではない⁈食生活が原因⁈食べる物に気をつけて体臭解消!

体臭を予防するためには、腸をはじめとする体内の浄化、酸化を防ぐことが鍵と言えます。

【体臭予防のためのおすすめ食材】
<抗酸化食材>
活性酸素の活動を抑制する働きのある「抗酸化食材」は、タンパク質や脂質の酸化を抑制し体臭予防の効果が期待できます。また、体臭だけでなく、生活習慣病や老化予防にも効果的です。ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、カテキン、ポリフェノールなどが多く含まれる緑黄色野菜や緑茶などを多く摂りましょう。パセリ、ほうれん草、レモン、キウイ、玄米、緑茶、生姜などがおすすめです。

<水溶性食物繊維>
水溶性食物繊維は、腸内環境を整える善玉菌のすみかとなります。また、臭い物資を吸着して包みこみ便として排出すると言われています。腸壁から臭い物資が体内に吸収されるのを防ぎ、コレステロールなどの吸収を抑え、臭いの予防になると言われています。ワカメ、メカブなどの海藻類に多く含まれています。

<発酵食品>
発酵食品には、多くの植物性乳酸菌が含まれています。植物性乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌を増やして、腸内の環境を整えるのに効果的です。味噌、納豆、漬け物、甘酒などが該当します。

<クエン酸>
クエン酸は体から発生するアンモニア臭を抑えてくれるはたらきがあるとされています。梅干し、お酢、柑橘類(レモン、グレープフルーツ、オレンジなど)、キウイなどの食材に含まれています。

いかがでしたか?体臭は、体に取りいれたもの、食べ物の影響を大きく受けています。体臭を強くする傾向のある食べ物を多く食べ過ぎると、それだけ体臭は強くなりやすくなります。体臭が気になる人は、まず自分の食生活を見直してみることが大切です。これから暑くなる夏に向けて、バランスの良い食生活をすることで、体臭を抑えてみませんか?

最近閲覧した商品
最近閲覧した商品