わずかな女性ホルモンを大事に!40代は体と心のバランスが重要!

わずかな女性ホルモンを大事に!40代は体と心のバランスが重要!

40代。100年人生とも言われる時代で、まだ折り返しにも到達していない若さですが、女性らしさを保つのが難しくなる年代です。ホルモンバランスの分泌は減少し、素肌や身体の悩みは絶えません。40代は心と身体のバランスがとても難しい年代なんです。

ホルモンバランスに負けないで!無理をしない40代を目指そう!

 

学業に部活、恋に青春を過ごした10代。
社会人で右も左もわからなくてもなんとか毎日頑張ってきた20代。
結婚や出産、人生の大きな転機を迎えることも多い30代。

そして40代。激動の30代を乗り越え、家では子育てに奮闘。仕事では立場のある存在として責任を背負うことも。まだまだ頑張る気持ちはあるものの、心の余裕はなかなか持てず、気がつけばお肌もボロボロなんてことも。

更年期も近づき、日々の忙しさにお肌のお手入れやボディメンテナンスなどに手をかける時間がなかなかないかもしれません。

昔と違って、いまは女性を取り巻く社会は大きく変化しました。そんななかでも女性らしさを保っている人は一体どのように過ごしているのでしょうか。

若い頃は我慢できたことでも、40代になると本当にツライこともあります。月経痛なども無理すればするほど、身体に負担もかかります。しっかり休養をとる。これも40代では重要なこと。

女性ホルモンの分泌は一気に減少すると言われています。そのため、知らず知らずにイライラしたり、不安になったり、精神面はなかなか落ち着かないことも。できるだけ無理しない、これは美容の観点から見ても大切なことです。

40代は体を動かす!ホルモンバランスを保つためにできること

 

40代は、女性らしい体つきや美しさを保つホルモン「エストロゲン」の減少によって、お肌のコンディションも整わない日が増えるかもしれません。

しかし、ここで大事なのは焦らず、落ち込まず、自分にとってプラスになる行動を心がけましょう。たとえば、軽い運動などでホルモンバランスを整えるよう働きかけたり、ストレスを解消させたり。日常の中でできるだけ「動く」というのは、体と心のバランスを保つために必要なことなのだそう。

悩みは抱えず誰かに打ち明ける。40代は周りも巻き込んで毎日を明るく過ごしたいものです。それは肌の美しさや若さのみならず、生き生きとした人生につながるのですから。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。