体臭が気になるなら食事で防げ!ニオイ予防に効果的な食材とは?

体臭が気になるなら食事で防げ!ニオイ予防に効果的な食材とは?

暖かくなってくると体臭も気になりますよね。身体のニオイは意識して止めることができません。かえって気にしすぎて、ますますニオイが発生することも。そんな人にとっておきの、体臭防止に役立つ食材をご紹介したいと思います!

体臭の原因は食事?食材を変えればニオイは消える?

 

体のニオイを気にしない人は少ないでしょう。特に日本人はニオイに敏感です。体臭の主な原因は、体内から臭うもの。皮膚から臭うもの。さらに腸内から臭うものに分けられます。

これらをみると体の中から臭うものが多いのがわかりますが、やはり普段食べているものがニオイの原因になることも多々あるのだそう。

つまり、できるだけニオイ成分の原料になる食材を避けること。反対にニオイを抑える食材を取り入れることで体臭は抑えやすくなると言われています。

ニオイの原因となる食事は、やはり肉類。動物性のたんぱく質と脂質は、胃に入り分解されるとアンモニアやインドール、さらに硫化水素といった腸内体臭の元となり、これが後の加齢臭や皮脂臭になると考えられています。

体臭別に摂取したい食材も分けよう!ニオイを徹底予防!

 

ニオイの原因になる食事はわかりましたが、反対に消臭作用がある食材はなんでしょうか?おすすめしたいのはアルカリ性の食品です。なかでもお酢や梅干しは殺菌作用が高いため、口臭予防にもつながるほか、クエン酸によって汗のニオイも抑えてくれるのだとか。

皮膚臭を防ぐのなら、抗酸化食品と呼ばれる食材がおすすめ。皮膚臭と呼ばれる加齢臭やストレス臭には増えすぎた活性酸素がニオイの原因になることも。ビタミンCやビタミンEは酸化を防いでニオイの発生を予防するのに効果的です。

また腸内からのニオイを防ぐのなら、発酵食品がおすすめです。納豆や味噌、ヨーグルトなどは善玉菌の働きを活性化させてくれると言われています。腸内環境が整えば、ニオイも発生しにくい状態が続くでしょう。

ただし、いくら臭うからと言ってたんぱく質を取らないのは危険です。たんぱく質は3代栄養素と言われるほど重要な成分です。あくまで取りすぎに注意して、ニオイを抑えてくれる食材と組み合わせて体臭予防をしていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。