まつげが抜けやすい…。ハリのある健やかなまつげケアとは?

まつげが抜けやすい…。ハリのある健やかなまつげケアとは?

洗顔やクレンジングをしたあと、ビューラーを使ったときなどにスルッとまつげが抜けてしまって悩んでいませんか?ハリやコシのある健やかなまつげを保つためには、毎日丁寧にまつげのお手入れをしていくことが大切ですよ。

ハリやコシのある健やかなまつげを手に入れるには?

 

目元の皮膚は薄くて敏感であるため、ゴシゴシこすりながらの洗顔やクレンジングをするのは禁物なのは多くの方が知っているはず。でも、なかなか落ちないウォータープルーフマスカラやラメ入りのアイシャドウなどを使ってメイクをした日は、なかなか落ちなくてクレンジングが大変ですよね。きちんと落とさなきゃ!と無理にゴシゴシとクレンジングをすると、まつげが抜けやすくなってしまうため注意が必要です。

マスカラリムーバーやポイントリムーバーでオフしてまつげを労わろう

 

特に汗や水に強いウォータープルーフマスカラや、カールキープ効果が長続きするマスカラ下地などを重ね塗りしていると、クレンジングも一苦労。そこで、マスカラリムーバーやポイントリムーバーを使えばまつげへの負担を軽減しながら簡単に落とすことができるのです。

マスカラリムーバーは、根元から塗布して放置した後に洗い流したり、コットンで拭き取ったりするのが一般的。ポイントリムーバーは、コットンに含ませてメイクの上を滑らせると落とすことができます。ここで気をつけたいのがコットンの使い方。ほとんどのマスカラリムーバーやポイントリムーバーは、コットンを使ってまつげを挟むように滑らせながらメイクを落としていくのですが、このときにコットンで無理に引っ張るようにメイクを落としてしまうとまつげに大きなダメージが加わってしまいます。

そのため、まずはまつげにホットタオルを当てて、マスカラを落としやすくした状態でマスカラリムーバーやポイントリムーバーを使っていきましょう。コットンをまつげに当てたら一方向にスッと優しく滑らせるのがコツ。上下左右にゴシゴシ擦るのはNGです。まつげの根元に残ったマスカラなどは無理にコットンで取ろうとはせず、リムーバーを含ませた麺棒で優しく拭ってあげてくださいね!

マスカラやアイシャドウなど、アイメイクをきちんと落としたらホットタオルで疲れた目元の血行を促進してからまつげ美容液を根元から塗っていきましょう。アイクリームで優しく目元のマッサージをしてあげると、栄養が届きやすくなって健やかなまつげに近づけるとも言われていますよ。

まつげケアで抜けにくい健やかな自まつげへ!

まつげのケアは、まつげ美容液をただ塗っておけばいいというわけではありません。まずはきちんとアイメイクを落とすことから始めていきましょう。まつげケアを念入りに行い、ハリコシのある強いまつげを育ててみてはいかがでしょうか?