なんだか体が臭い!疲れが原因で発生するニオイ「疲労臭」とは?

なんだか体が臭い!疲れが原因で発生するニオイ「疲労臭」とは?

日本人の大半は忙しいでしょう。忙しければ忙しいほど付いて回るもの。それは体のニオイです。疲労臭というものをご存知でしょうか。疲れが原因で発生するこのニオイは男のようなニオイとも言われていて、対策の必要がある決して無視できないニオイなんです!

体が疲れているサイン?そのニオイは疲労臭!

ニオイはいつだって罪なもの。オフィスで少し臭う人がいれば「あの人臭くない?」と噂されてしまう。ほかは完璧にこなせていても、ニオイ一つで印象は台無し。それほどニオイのインパクトは強烈で残酷です。

年齢を重ねると発生する加齢臭。男性のみならず、女性にもある加齢臭は、ニオイに敏感な人なら対策していることかと思いますが、こと疲労臭に関してはなかなか対策が難しいとされています。

加齢臭は、皮脂が分泌する皮脂腺の中の脂肪酸や過酸化脂質という物質が増加、結びつくことが原因で発生するものだと言われています。一方疲労臭は汗から出るアンモニアのツンとしたニオイです。

働く女性に多いと言われていて、疲労が蓄積されると体内に乳酸が溜まっていきます。それと同時に汗の成分にアンモニアが増え始めて疲労臭のニオイが発生します。

とくに、肝臓が弱っている人は要注意。通常アンモニアは肝臓で無害な尿素に作り変えられるのだそうですが、疲労が溜まっていて、アルコールなどで肝臓の機能が弱まっていると、アンモニアが処理できずに疲労臭がキツくなるのだとか。

体の疲れを取り除こう!疲労臭のニオイを抑えるためにできること!

また気をつけなくてはならないのが、こうした疲労臭と加齢臭のダブルパンチ。知らず知らずのうちにスメハラにならないよう、しっかりと対策が必要です。

疲労臭の対策は、やはり疲れを溜めすぎない、持ち越さないこと。クタクタの深夜の帰宅。そのままベッドに横になりたい気持ちを抑えて、できるだけ入浴をしたいところ。体の疲れを取り除いて睡眠につなげましょう。

また食事面でも、動物性脂肪を控えてできるだけ疲労回復効果のある食事を心がけましょう。お酢などに多く含まれるクエン酸や、しじみなどに含まれるオルニチンを摂取して疲れを溜め込まずにニオイを抑える工夫をしましょう。

忙しいながらも、毎日できる疲労臭対策があります。ぜひ意識して取り入れてみてください。

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。