美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

24 老化タイプ別ヘアケア方法

「白髪」「コシがない」「細い」髪の老化タイプ別で、原因からヘアケア方法までを、毛髪診断士の沖島美雪さんがアドバイスします。

ランキング結果はこちら»

白髪(2位)2,387票

白髪(2位)2,387票
髪は、色の付いていない白髪で生まれます。頭皮内での成長過程で、メラニン色素が取り込まれ、色が付きます。色素細胞(メラノサイト)でメラニン色素が作られ、その量が多いほど髪の色は黒くなります。白髪の原因はずばり、色素細胞の減少と機能低下です。メラニン色素生成に欠かせないチロシナーゼ(酵素)が減少し、加齢とともに白髪が増えることにも。ほかにも、ストレスや過激なダイエット、遺伝などが考えられます。

白髪を増やさないようにするには、ストレスをためないことや、バランスのよい食事が大事。予防に効果的な栄養は、亜鉛、銅、カルシウム。カキや卵、アーモンドやエビ、牛乳や小魚で摂取を。さらに、ニンニクやレモンなど、毛母細胞に血液(栄養)を送るのに効果的な食材もおすすめです。
※突然、白髪に変化した場合は、病気の影響も考えられるため、専門医での受診をおすすめします。

自分でできるエイジングケア♪»

コシがない(6位)310票

コシがない(6位)310票
コシがない理由は、7位の「細い」と密接な関係があります。老化現象により、髪の毛に送られる栄養が減少し始めると、髪は細くなり、それと同時にコシもなくなっていきます。

健康な髪を目指すなら、毛根に栄養の供給を。頭皮マッサージで、リラックスするのが効果的です。血行を促せば毛根に栄養が送られますし、ゆったりした気分は育毛を助ける自律神経(副交感神経)の働きを活発にします。血管が拡張して血流が良くなる入浴後に、育毛剤を使用しながらマッサージすると、より効果的です。

スープを飲んで老化予防!»

細い(7位)280票

細い(7位)280票
女性の髪の最盛期は25歳ごろ。それを境に30歳前後から、髪はだんだん細くなり始めます。加齢により男性ホルモンが多くなると、さらに女性の髪は細くなっていくのです。一本一本が細くなると、薄毛の印象を与えてしまいます。

6位の「コシがない」人を含め、食生活の見直しが必要かもしれません。髪はケラチンというタンパク質(18種類のアミノ酸結合)からできています。青魚、牛肉、卵などの硫黄を含むタンパク質を食事に加え、バランスの良い食事を心がけて。また、髪が一番伸びるのは夜の11時~午前2時。元気な髪を目指すなら、この時間帯に睡眠を。

つぶれる髪のふんわりキープ術はこちら!»

シャンプー選びのポイント!

ハリやコシを出したい、髪に潤いが欲しいなら、コラーゲンやケラチンなどのたんぱく質配合やアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

人気のアミノ酸系シャンプーはこちら!»

PROFILE

監修:沖島美雪

監修:沖島美雪

美容師 ヘアメイク 毛髪診断士(公益社団法人 日本毛髪科学協会 公認)。都内ヘアサロン勤務後、2001年よりフリーランスとなり、美容師・ヘアメイクアップアーティストとしてサロン活動のほか、ヘアメイクとして、テレビ番組や雑誌などで幅広く活躍。毛髪診断士としても、ネット番組やアドバイザーとして活動中。

※毛髪のちょっとした悩み、ご相談は公益社団法人日本毛髪科学協会または、協会公認の毛髪診断士へお気軽にご相談ください。

協力一覧+ イラスト/ふるやますみ

▲ページトップへ戻る

24 / 40

女性のお悩みランキング 記事一覧