美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

1 生理の悩み

毎回同じ症状の人、月によって違う人…生理の症状は人それぞれ。みんなが悩む生理の症状をアンケート。今人気の小林メディカルクリニック東京/小林暁子院長が解説!

1位 生理痛  723票 

生理痛は体型・状態・脳が関係する!

生理時に、経血を出そうと"プロスタグランジン”という痛みの原因となる物質がでます。体重の増加、体のゆがみ、むくみや冷えなどが血の流れを邪魔する原因となり、滞ることで痛みを感じるのです。さらに精神的な痛みを感じるのは”脳”!だからストレスを感じているときはさらに痛みを感じやすくなります!

2位 イライラ 177票

イライラは仕方がない…

生理前には黄体ホルモンが多く分泌されます。黄体ホルモン値が上がってくることで自律神経や、ストレスを感じた時にあがる交感神経が緊張している状態なので、どうしても過敏に感じてしまいます。黄体ホルモンがあがらないと生理が起きないので、普段と同じようなことでも過敏に反応してしまうことはしょうがないことなのです。

3位 腰痛 130票

滞りからくる疲労物質が原因

1位の生理痛の原因となる物質(プロスタグランジン)の影響のほかに、生理中はホルモンの影響からむくみやすくなります。血管、筋肉ではない場所に水が溜まり本来の細胞の働きが停滞すると細胞の間の通路が拡大し機能しなくなります。そして血流が悪くなり、疲労物質が出て行かなくなることで、柔軟性が悪くなったり、張ったような感じになり「重い」、「痛い」と感じるのです。

4位以下のお悩みは・・・

4位 だるい     125票
5位 眠くなる    85票
6位 頭痛      84票
7位 生理不順   75票
8位 便秘・下痢   50票
9位 肌荒れ     43票
10位 めまいやたちくらみ 25票

※出典:NTTドコモ「みんなの声」調べ

生理時の不調を軽減させるには…

冷えはNG!血流を良くすることが大事
・腰から下を温めること
・ひざ裏など関節部分を押すマッサージ
・下半身の曲げ伸ばしストレッチ

痛みが増す原因となるストレスは×
・イライラなどには深呼吸
・ハーブティーを飲んだり、アロマでリラックス
・ぬるめのお湯に10分程度のゆったり入浴
いつもと違う痛みや貧血などの症状がある場合は子宮内膜症や、子宮筋腫や基礎疾患の可能性、仕事が差し支えるほどのイライラや緊張した後に気分が落ちて鬱のような症状がある場合は別の病気などの可能性もあるので、病院へ受診することをおすすめします。

次回は「老化の悩みについて」解説! お楽しみに!»

PROFILE

医学博士 小林暁子先生

医学博士 小林暁子先生

小林メディカルクリニック東京院長。人気の便秘外来の他、内科・皮膚科・女性外来など、全身の不調に対応。著書「2週間で腸が若返る!美腸ダイエット」(世界文化社)など。

協力一覧+ イラスト/Kanako Miyashita

▲ページトップへ戻る

1 / 40

女性のお悩みランキング 記事一覧