美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

6 アレルギーで出る症状は?

肌ダメージ、アレルギー、コリ、疲れのランキングを4回にわたり紹介。今回はアレルギーの「食事で改善」方法を、管理栄養士の篠原絵里佳さんがアドバイス!

1位 鼻水 464票

突然出てくる不快な鼻水。その鼻水、アレルギー性鼻炎の可能性が! 鼻粘膜を整え、症状緩和を目指しましょう。粘膜強化には、ニンジンなどの緑黄色野菜、卵(卵黄)、レバー、うなぎに豊富に含まれるビタミンA(βカロテン)が欠かせません。免疫力を高めるためには発酵食品も必須。ヨーグルト(腸まで届くの表示があるもの)や納豆、キムチ、ピクルス、ぬか漬け、お味噌がおすすめです。特に植物性の発酵食品がより腸まで届くのだそうです。

2位 かゆみ 345票

湿疹やアトピーなど、アレルギー性の肌のかゆみには、肌のバリア機能高めてくれる食事を。まずはαリノレン酸。えごま油、シソ油、亜麻仁油に多く、肌のバリア機能を高め、湿疹を抑えてくれます。ただし、酸化しやすいので加熱はNG。ドレッシングなどでそのままいただくか、色の濃い野菜を中心にしたスムージーにティースプーン一杯加えるのが◎ 青魚に含まれるEPAやDHA、ニンジンなどに代表されるカロテンも肌のバリア機能を高めてくれそう。

3位 アレルギーはない 312票

アレルギーはないと思っていても、ずっと肩こりが治らない、だるい、頭が重いなどの症状がある場合、実は遅延性アレルギーの可能性が。なんとなく調子が悪いなど、症状は重くはないものの、時間がたってから出るのが特徴。不調が続く場合、検査してみるのも手。アレルギーにならないようにするには、同じ食品を毎日食べ続けないことが重要。また、免疫力アップにはバナナヨーグルトのきなこがけがおすすめ。朝に食べて健康維持を。

4位以下のお悩みは…

4位 くしゃみ    273票
5位 じんましん   165票
6位 目の充血    70票
7位 咳        56票
8位 その他     33票
9位 腹痛       16票

※出典:NTTドコモ「みんなの声」調べ

アレルギーを予防するには…

おすすめ料理
アレルギー性鼻炎に
・ホウレンソウのオリーブオイルソテー

アレルギー予防に
・リンゴのヨーグルト、ハチミツがけ
アレルギー予防には、腸内環境を整えて、善玉菌を増やすことが大事。食物繊維、発酵食品、オリゴ糖を組み合わせて摂取することで、善玉菌が増えるのだそうです。食物繊維は野菜、果物、豆、こんにゃく、キノコ、海藻類などに豊富。ねぎ、キムチ、ごぼうの組み合わせは、まさに理想的。また、納豆は1つで3つを揃えているので、手軽に摂取できます。あとはきちんと睡眠をとり、免疫力を高めれば、便秘の予防にもなりますよ。

次回は「コリ」についてアドバイス! お楽しみに!»

PROFILE

篠原絵里佳

篠原絵里佳

管理栄養士・野菜ソムリエ・睡眠改善インストラクター。 日本抗加齢(アンチエイジング)医学会の認定指導士として、体の中から美を作る食情報を得意とし、幅広く発信している。

協力一覧+ イラスト / こさかいずみ

▲ページトップへ戻る

6 / 40

女性のお悩みランキング 記事一覧

【関連キーワード】 ランキング 健康 対策 食事