美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

7 よく凝る部位は?

肌ダメージ、アレルギー、コリ、疲れのランキングを4回にわたり紹介。今回は凝り(コリ)の「食事で改善」方法を、管理栄養士の篠原絵里佳さんがアドバイス!

1位 肩 897票

肩こりは、血行不良や筋肉疲労が原因なのだとか。さっそく食事で肩こりを解消していきましょう。血行促進にはアリシンを多く含むネギや、カボチャなどに多く含まれるビタミンEが欠かせません。さらにご飯などで炭水化物を摂り、体を温めて。炭水化物は体に良くないと思っている人がいますが、それは精製された砂糖や穀類などの摂り過ぎが問題なのです。炭水化物を抜き、肉の摂取量が増え過ぎると、腎臓に負担がかかるので気をつけて。

2位 首 276票

首に凝りを感じても、原因の多くは目の疲れからくるもの。その目の疲労回復に効果的なのがビタミンAと、小松菜などに含まれ体内でビタミンAに変換されるβカロテンや、アスタキサンチン。抗酸化作用のあるアスタキサンチンは、シャケ、エビ、タイの皮、イクラ、タラコ、魚介の赤い色(加熱しても赤いもの)に含まれています。アスタキサンチンはエビの殻に多く、殻ごと食べられる桜海老はまさに理想的な食材です。

3位 全身 186票

あんな所やこんな所、さらにそんな所まで凝っているあなた、疲れすぎです。凝りの主な原因は体の冷えかも。貧血の人は体が冷えやすいので、レバー、牛赤身フィレ、アサリ、魚丸ごと、ブリの血合、大豆製品、厚揚げ、きな粉、ホウレンソウ、ヒジキで鉄分の補充を。鉄分が増えれば体の隅々まで酸素が送られ、酸素と栄養素が結びつき、熱が生まれます。その結果、体がポカポカに。鉄の吸収率を高めるビタミンCを一緒に摂れる魚介のトマトスパゲッティーは特におすすすめです。

4位以下のお悩みは…

4位 腰      131票
5位 凝らない  105票
6位 背中     103票
7位 頭        7票
8位 腕        6票

※出典:NTTドコモ「みんなの声」調べ

凝りの予防と改善には…

おすすめ料理
肩こりに
・けんちん汁
※仕上げにネギとゴマを散らすのがポイント!

目の疲労回復に
・桜海老と小松菜のソテー

凝り改善に
・ホウレンソウのおひたしのレモンがけ
凝りを予防するのに大切なことは、血行を促すこと。まずは体を冷やさないことを考えて。冷たい飲み物や、サラダなどの生野菜の食べすぎを避け、なるべく火を通した野菜を摂るように。特に根菜類を積極的に食べて体を温めましょう。ご飯を炊くときに生姜の千切りを入れれば、少しずつでも毎日摂ることができ、体もぽかぽか。アサリの酒蒸しにパセリやレモンをかけるのは、貧血予防にとてもいい組み合わせです。

次回は「疲れ」についてアドバイス! お楽しみに!»

PROFILE

篠原絵里佳

篠原絵里佳

管理栄養士・野菜ソムリエ・睡眠改善インストラクター。 日本抗加齢(アンチエイジング)医学会の認定指導士として、体の中から美を作る食情報を得意とし、幅広く発信している。

協力一覧+ イラスト / こさかいずみ

▲ページトップへ戻る

7 / 40

女性のお悩みランキング 記事一覧

【関連キーワード】 ランキング 健康 対策 食事