美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

30 場面と状況を把握しよう!

悪口や陰口、いじめや仲間外れ、過干渉や否定的な人に悩まされる職場の人間関係。「自分中心心理学」を提唱している心理カウンセラーの石原加受子さんに、お悩み解決法を聞きました。まずは、現状を把握して、解決へと近づけていきましょう!

あなたのタイプをチェック!»

タイプA:臆病なびくびく女子

仕事の人間関係、場面と状況を知ろう
 
まずは状況把握を!
いじめや仲間外れ、告げ口、悪口、陰口、過干渉、否定的な人……。そんな仕事環境にいるあなたは、標的にされる可能性が高いかもしれません。もう既にターゲットになっているなら、対処方法に問題はなかったか考えていきましょう。
まずは、自分が嫌な思いをした場面を思い起こしてみましょう。何月何日何時ごろでしたか? 仕事中、ミーティング中、退社時など、シチュエーションは? 相手は1人でしたか? うわさですか直接聞きましたか? 悪口や陰口を聞かされていたり、意地悪など不快なことを言われたりしたとき、あなたはどのように対処しましたか? 実は、そういう場面になること自体が、自分でそのような状況を許してしまっている、ということなのです。

タイプB:隠れ戦闘女子

仕事の人間関係、言動パターン
 
まずは状況把握を!
公平さがない、パワハラがある、責任を押し付けられる、全部自分の手柄にする人がいるなどと感じているなら、それはあなたが戦闘モードになっているからかもしれません。まずは、あなたが悔しさを感じたとき、どのような場面であったかを思い出してみてください。
公平さがない、責任を押し付けられる、全部自分の手柄にする人がいると思うとき、あなたは相手と心で戦っていませんか。手柄を取られたならなおのこと、感情的にならずに確たる証拠をもって相手に主張する必要があります。感情的になって対処すれば、ますます相手と争うことになって、仕返しごっこがはじまります。もしあなたが感情的になりやすいタイプだとしたら、そんな争いの発信源は、あなただったかもしれないのです。

タイプC:思考重視の日和見女子

仕事の人間関係、場面と状況を知ろう
 
まずは状況把握を!
上司、先輩、部下、後輩などとウマが合わない、派閥が怖い、会社の飲み会が苦痛と感じているなら、自分の気持ちを無視して、思考に縛られている可能性が!
上司や先輩、部下や後輩と、初めて会ったときのことを覚えていますか? 初対面で感じていた否定的な感情をごまかし、「仲良くしなくてはいけない」とか、「良い関係を築いておけば得だ」などと、考えたりしませんでしたか? 派閥に関しても同様、「この派閥に入っていれば優位かもしれない」とか、飲み会などは「いかなくてはいけない」などの思考に囚われていませんでしたか? 自分の気持ちを無視していなかったかを思い返してみましょう。

PROFILE

監修:石原加受子

監修:石原加受子

心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱するオールイズワン代表。著書累計発行部数100万部超。近著『「最近、心が休まらない」と思ったとき読む本』中経出版より発売中。

協力一覧+ イラスト/Kyo Mishima

▲ページトップへ戻る

30 / 40

女性のお悩みランキング 記事一覧

【関連キーワード】 オフィス ヘルス ランキング 対策