美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

31 言動パターンを知ろう!

悩み多き職場の人間関係。その解決に欠かせないのが、言動パターンの把握。不快な状況で、あなたはどんな態度をとっていますか? 心理カウンセラーの石原加受子さんが、お悩み解決法を伝授!

あなたのタイプをチェック!»

タイプA:臆病なびくびく女子

仕事の人間関係、言動パターンを知ろう!
 
どんな態度をとっていますか?
他人の悪口などに巻き込まれたとき、「いやだ」と思いながら最後まで聞いていませんか? また、自分自身がいじめや悪口の標的にされているとき、嵐が過ぎ去るのを、下を向いてじっと待っていますか? ひたすら我慢しますか? もしそうだとしたら、自分がいじめなどを許容しているということになりかねません。1対1での場面で我慢してしまうと、ほかの人もあなたを「攻撃していい」(いじめやすい)と認識しますから、その相手は2人、3人と増えてしまうことも。びくびくした態度をとっていると、悪口も助長されます。そのことを知らないと自分を守ることはできませんし、漠然といじめられたといっても対処できなくなってしまうのです。いじめられとき、その後の状況は自分の態度で決まるということを心得ておきましょう。

タイプB:隠れ戦闘女子

仕事の人間関係、言動パターンを知ろう!
 
どんな態度をとっていますか?
いやな感情が引き起こされたときの態度や表情は、どのようなものでしたか? 会社や上司から理不尽な扱いを受けたからといって、けんか腰になっていませんか? ちょっとのことで腹を立てていませんか? 結果的にいつも怒っているような状況ではありませんか? たとえ公正な状況に置かれていなくても、従わないような気持ちがあったり、態度に出てしまったりすると、相手は余計にあなたを抑えつけようとします。頭の中で相手を否定するようなことを考えていても、状況は悪化するだけです。もしかしたらあなたは、知らず知らずのうちに戦闘モードになってしまっていたのかもしれません。心のどこかで闘っている意識があるのなら、それが悩みの解決の妨げになっていることを知る必要があります。今一度、自分の言動を見直してみてください。

タイプC:思考重視の日和見女子

仕事の人間関係、言動パターンを知ろう!
 
どんな態度をとっていますか?
初対面のとき、「センスがいいな」「仲良くしたいな」「いい人そうだな」など、上司、先輩、部下、後輩にプラスの感情が芽生えたならいいですが、マイナスの気持ちになったにも関わらず、「親しくしなければ」といった思い込みや、「損得勘定」の思考に従って行動していたとすれば、そこに問題があります。上司だからといっていい顔をして、好きでもないのに仲良しを装うなど、気持ちを無視して行動していると、自分の本当の感情が鈍くなり、より一層ウマの合わない人を引き寄せてしまいます。合わないと感じたなら、ある程度の距離を空け、気持ちがわからないならすぐに答えを出さずに、少し考えてから近づいていくことを心がけましょう。

PROFILE

監修:石原加受子

監修:石原加受子

心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱するオールイズワン代表。著書累計発行部数100万部超。近著『「最近、心が休まらない」と思ったとき読む本』中経出版より発売中。

協力一覧+ イラスト/Kyo Mishima

▲ページトップへ戻る

31 / 40

女性のお悩みランキング 記事一覧

【関連キーワード】 オフィス ヘルス ランキング 対策