美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

16 若いって、可愛いね~

もう現役を引退? 若い女子を癒しの対象にする“老人性オトコ化女子”を美容家・ダイアナ・エクストラバガンザさんが指導!

ダイアナ・エクストラバガンザとは・・・
新宿二丁目と銀座の蝶。あまりの美容への造詣の深さに、美容雑誌などで連載ページを持つほど。現在は美容家としても活動中。マツコ・デラックスさんやミッツ・マングローブさんを友人に持つ。

あんたのその臭い足は洗ってないからよ!

オトコ化女子

「最近、うちの部署に新人ちゃんが配属されて。もう肌なんてプリプリで、初々しくて可愛いんですよ~。私なんてもう……」

イラスト1
ダイアナ先生
「何アンタ? 私に『そんなことないわよ』って慰めてほしいの?」
オトコ化女子
「そんなつもりはありませんけど……」
ダイアナ先生
「仕方ないわよ。20代前半の肌と比べちゃったら、30代の肌は明らかにイケてないもの」
オトコ化女子
「そんなにハッキリ言わなくても(泣)」
ダイアナ先生
「でもそれがダメなんて言ってないわ。30代なら30代、40代なら40代、女性にはその世代ならではの色気があるもの」
      
オトコ化女子
「それでも20代の肌を見ちゃうと、『可愛いねェ』と思っちゃうんですもん」

ダイアナ先生

「そう思うのは、あんたが心の奥で、20歳そこそこの女と同じ土俵に立とうとしてるからよ! 比べてみては『はぁ…敵わない。だったらおじいちゃん化して、褒める立場に行っちゃおう』とか潜在意識にあるんじゃないの?」

イラスト2
オトコ化女子
「30代なりの色気の出し方って、どうすればいいんですか?」
ダイアナ先生
「無理して若いフリしないこと。スキンケアを年相応にがんばるのが一番よ。スキンケアをちゃんとしていれば、プチプラコスメ使っても、それなりに肌がフォローしてくれるわ!」
オトコ化女子
「それだと、オバさん化しません?」
ダイアナ先生
「若く見えたい気持ちは、幼さの証拠よ! 年相応に美しければ、オバさんなんて思われないんだから。30過ぎの女を十把一絡げに“ババア”とかいう男は相手にしないことね。あっちが幼稚なだけよ!」

ダイアナが指導!年齢に抗うな! 自分を認めなさい

いくつになっても年齢に抗わない女性って、キレイなのよ! 年齢を経ないと似合わないおしゃれもあるわ。日本の女はそろそろ“若さ信仰”を見直すべきね

ダイアナ

ダイアナ先生の指令 その4

年齢を重ねるごとに素敵になっていく人もいるのよ! まずは自分が目指すロールモデルを見つけるべきね。

      

▲ページトップへ戻る

16 / 20