美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

38 足のトラブルの原因!

窮屈な靴の中で、足は意外とトラブルだらけ…、なんて人も多いのでは? そこで、足のお悩みの原因を、あやこいとうクリニック院長・伊藤史子先生に教えていただきました。

あなたのタイプをチェック!»

type A:コッチコチの堅い女

角化症(厚い角質)の原因
角化症の原因で、一番多いのが摩擦。何かが当たり、外的刺激が加わると、そこの皮膚が厚くなります。次に多いのは、季節によるもの。夏はなるべく熱を体外に逃すために、皮膚が薄くなり、冬は水分を蓄えて熱を奪われないように、角質が厚くなります。同じ人間でも、体が皮膚の厚さを変えているのです。また、何かを踏むなど足に圧力がかかれば、夏場でも角質は厚くなります。

角質は外界からのバリアです。薄ければいいというものでもありません。中には角質をなくそうとする人もいますが、逆に異常ですよね。特に足は、体重がかかるところ。靴を履いたり、刺激が加わったりすることで、削りすぎてしまったところは反応性で分厚くしようという働きが強くなるのです。

そもそも角質が必要以上に厚くなるというのは、そのポイントに何かしら刺激が加わっているというサインです。

type B:クールなムチムチ女

足のむくみ・冷えの原因
夏場などは、飲水の量が増えるので、むくみやすくなりますし、私たちは立って生活をしているので、夕方以降もむくみやすくなります。

足は心臓から遠い部分なので、心臓に血を返す力が必要となってきます。ふくらはぎは第二の心臓といわれていますが、血管の中の弁の具合が悪いと、血を送り返す力が弱くなってしまうのです。代謝が悪くなると、足は冷えやすくなり、それがむくみの原因にも。

血管も筋肉。心臓は大きなポンプで、収縮と拡張を繰り返します。しかし全身に、うまく血液を送り込むことができても、それに負けないような力で押し返す力が必要なのです。日ごろからその能力が落ちないように、鍛えておくのが大事。体は作り変えることができるもの。すでに力が落ちてしまっているのであれば、幾つになっても努力をし続けたほうがいいでしょう。

type C:しっとりムンムン女

足の蒸れ、臭いの原因
足の臭い・蒸れの原因
足の臭いの原因となるのは、体質、皮脂、常在菌の繁殖によるものがあります。体の他の部位と比べ、圧力がかかりやすい足の裏。ここには汗腺が多く、体温調節を助ける「エクリン腺」とフェロモン物質を含む「アポクリン腺」が発達しています。

手のひらも足の裏も他の角質より分厚い、特別なつくりをしています。いろいろなものを触ったり、立ったりしなければいけないため、汗腺も他の皮膚よりも密度高く存在するのです。汗自体というよりも、汗の中に過剰な中性脂肪が出てきたり、いらないミネラルが出てきたりします。皮膚は排泄器官で、表面には常在菌がいます。その常在菌にとっては、汗に含まれる水以外の成分が餌になるのです。汗をかいた皮膚に雑菌がいれば、汗の中の養分(餌)を見つけて繁殖をして、それが臭いの原因になります。それが負のスパイラルの始まりです。また、足の蒸れは、水虫の原因にもなります。

2014.11.11(火)10:00

SHOP

あやこいとうクリニック

あやこいとうクリニック

あやこいとう クリニックは、病気を未然に防ぐ・老化速度を遅くする、「予防医療・アンチエイジング」の専門クリニックです。

住所:東京都 世田谷区奥沢8-33-6

電話:03-6411-6024

診療時間:9:30~18:00(要予約)

PROFILE

監修:伊藤史子(いとうあやこ)

監修:伊藤史子(いとうあやこ)

あやこいとうクリニック院長

昭和大学医学部卒業、日本形成外科学会認定医、国際レーザー学会認定医、日本体育連盟公認スポーツドクター(スキー)、形成外科 医学博士。

昭和大学病院麻酔科、日本医科大学高度救命救急センター、都立荏原病院整形外科、西尾市民病院、大阪清恵会病院、太田西ノ内病院、昭和大学病院にて形成外科。

こころとからだの元気プラザ内形成外科、自由が丘クリニック勤務を経て、2007年 松倉クリニック&メディカルスパ副院長、2011年4月 あやこいとうクリニック開業。

協力一覧+ イラスト/ふるやますみ

▲ページトップへ戻る

38 / 40

女性のお悩みランキング 記事一覧

【関連キーワード】 におい むくみ 対策 角質ケア